ケアマネージャーになるには、資格が必要!

ケアマネージャーになるには、資格が必要となります。

 

【介護支援専門員実務研修受講試験】に合格する必要があるのですが、
この試験を受験するためには実務経験が必要となります。

 

実のところ、ケアマネージャーになるには細かい受験要件を満たして、
試験を受けるところまでたどり着かなければなりません。

 

そのため、まずは自分が受験資格があるかどうか、
確認するところからはじめましょう。

 

また、もし自分には受験資格がない、ということがわかったら、
受験資格を取得するところから始める必要があります。

 

ケアマネージャーになるには〜受験資格〜

国家資格保有者の場合

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験を受けるためには、
保健・福祉・医療分野の国家資格を保有している場合、
【5年以上、900日の実務経験があること】が条件となります。

 

ここでいう国家資格とは、医師や看護師、理学療法士など、
計22種類の資格を指します。

 

実際のところは、介護福祉士からケアマネージャー資格を目指す人が
大半を占めているようです。

 

とはいえ、そうそう都合よく対象となる国家資格なんて持っていません。

 

そんな場合でも、受験資格が認められる場合が多々ありますので、
あきらめないでチェックしてみましょう。

 

国家資格を持っていない場合

国家資格をもっていない人がケアマネージャーになるには、
介護に関する実務経験が必要となります。

 

ここでいう実務経験とは、老人福祉施設や在宅介護業務に従事し、
また5年から10年の継続勤務経験のことを指します。

 

つまり、ヘルパー2級等の資格を持っている人がケアマネージャーになるには、
必要な実務経験さえ積んでいれば、受験要件を満たしていることになります。

 

※介護業務の実務経験といっても、たとえば家族の介護経験は受験資格とはなりません。

 

ケアマネージャーになるには、このほかにも受験資格が認められるケースがあります。

 

たとえば、通算10年、1800日以上の介護業務に従事した経験があれば、
無資格でも受験は可能になります。

 

ここでは大まかにまとめていますが、
各専門スクールの資格講座の資料請求をすれば、直接電話やメールなどで質問することもできます。

 

ケアマネージャーの仕事内容

 

ケアマネージャーは、要介護認定に関する事務業務や、
ケアプランの作成・相談業務が主な仕事内容になります。

 

そのためケアマネージャーになるには、コミュニケーション能力と事務能力は必要不可欠。

 

活躍の場は老人ホームなどの介護施設にとどまらず、
市町村保健センターや社会福祉協議会など、多岐に渡り存在します。

 

高齢化社会である日本においては、ケアマネージャーの数が不足しているため、
ますます多くの人材が必要とされているのです。

 

ケアマネージャーの資格試験について

 

「ケアマネージャーになるには、論文や実技の練習が必要なの?」

 

と不安に思っているかもしれませんが、その心配はいりません。

 

ケアマネージャーの資格試験は、5肢択のマークシート方式。
論文試験も、実技試験もないのでチャレンジしやすい資格といえるでしょう。

 

 

 

 

http://www.petstraining.net/ http://www.comeondog.info/ http://www.hitmans-arrow.info/ http://www.pusatsouvenirsurabaya.com/ http://www.realestatebernie.com/ http://www.monstercoop.com/ http://www.ispecialtyshop.com/ http://www.alanofoundation.com/ http://www.batyra.org/ http://www.early-spider.info/ http://www.nsteffen.com/ http://www.komfortdialogu.com/ http://www.fkihdaoud.com/ http://www.diproworldorganic.com/ http://www.hivtestbkk.com/ http://www.86zxx.com/ http://www.harfordcountybankruptcy.com/ http://www.tessell4te.net/ http://www.theylivedhappilyeverafter.com/ http://www.aroyasolaw.com/